離婚とお金の問題

離婚する際に最も心配な問題として常に一番に上げられるのがお金の問題です。
慰謝料のような離婚時に支払われるお金を「離婚給付金」と言い、離婚給付金には慰謝料以外にも財産分与、養育費、婚姻費用が含まれます。

慰謝料は精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償で有責側のみが払います。和解金とも呼ばれています。
財産文書は夫婦の協力で得た財産の分配で、これは夫婦どちらも貰えますが、離婚原因によっては
配分が少なくなることもあります。
養育費は子供が成人するまでの諸費用で、有責問わず監護者ではない側の親が支払います。
婚姻費用は離婚までに別居していた場合問題になってくるお金で、収入のあった側が収入のなかった側に別居していた間の生活費を有責問わず支払わなければいけません。

これらの離婚給付金をきちんと受け取るには、きちんとした取り決めを行うことは勿論、正式な形の文書として取り決めた内容を残しておくことはかなり重要です。
相手を信じて取り決めも行わず文書にも残さなかった夫婦は、ほとんどが途中で支払われなくなるなどのトラブルが発生しています。
過去に離婚した時そのような取り決めをしなかった、と後悔されている方も、慰謝料は3年、財産分与は2年、時効まで期間がありますし、養育費には時効がありません。
諦めずに何らかの行動を起こしてみましょう。

離婚とお金の問題専門ページへ